WonderWall⤴︎

日々思うこと、調べたことをまとめていきます。

高血圧気になるなら避けたい食品 第2弾

前回の記事に続き、第2弾です。

wonder-wall.hateblo.jp

漬物

一見するとヘルシーだが注意が必要なものがあり、漬物はその代表例です。

白米のお供に最高な漬物。食卓に豊かな風味を運んでくれるが、保存食として塩分をたっぷり含んでいることを忘れていけません。和食のお供によく出されるしば漬けなどに限らず、ピクルスやキムチなども同様です。

ピクルスを丸々1本食べると、アメリカで推奨されている1日あたりの摂取量の半分ほどに達してしまうといいます。高血圧気味だが漬物に目がないという場合は、多少風味は落ちるますが、表面を洗い流してから少量を食べるといいでしょう。 無料 おいしい, キュウリのピクルス, フードの無料の写真素材 写真素材

 

パン・サンドイッチ

朝食に人気の食パンですが、実はパン類にも多くの塩分が含まれています。

例として、全粒粉を使ったオーガニックの食パン1切れには、ポテトチップ22枚分のナトリウムが含まれています。パン食が主流のアメリカでは、塩分の摂取源のナンバーワンになっているほどです。

サンドイッチも要注意で、これにはパンだけでなく、マヨネーズにピクルス、そして加工肉にチェダーチーズなどが使われており、ナトリウム含有量は1300mgを超えることもあります。 家庭で作るなら、フレッシュな野菜を多めに入れるなど賢くカスタマイしたほうが健康的です。無料 手にサンドイッチと作物の女性 写真素材

 

炭酸ジュース

軽食のお供となる炭酸ドリンクも、やはりなるべく避けた方が良いようです。炭酸飲料など砂糖入りの飲み物を毎日2杯以上飲む人は、そうでない人よりも血圧が高い傾向にあるという研究結果が出ています。

心臓血管関連の問題を招きやすくするとさ、逆に捉えるなら、糖分を減らすことで血圧を下げる効果が出ることになります。一日あたり小さじ2杯少々の砂糖を減らすだけで、血圧の値は下がると言われています。

 

スナック菓子

すでに広く知られているように、スナック類は高血圧を招きやすい。

ポテトチップは塩分過多のお菓子の代表格で、毎日食べていると慢性疾患を招きやすいので要注意。心疾患との関連も研究によって指摘されている。

同じ商品でもチーズ味やBBQ味などは塩分が多いことがあるので、成分表を確認ましょう。ポップコーンやクラッカー、そしてクッキーなども比較的塩分が豊富です。

また、糖分も大敵であり、ドーナツなど砂糖を多く使ったおやつには注意したいところです。

 

外食

特別な記念日を盛り上げてくれるレストランでの外食ですが、連日訪れるようになっているなら注意が必要です。

しっかりした味付けになっており、思ったより塩分を摂りすぎる原因になってしまうことがあります。どうしても外食を避けられないシーンでは、ランチ程度の量にしたり、加工肉やくん製肉の食品が入ったもの以外をオーダーしたりするとよいでしょう。

テイクアウトやケータリングも同様で、とくに美味しい中華料理には塩と砂糖に加えて油がふんだんに使われているので、高脂質の食品を大量に摂取すると、コレステロール値と2型糖尿病のリスクを高めてしまうので気をつけましょう。

ファーストフード

安さとジャンキーな美味しさがクセになるファストフードは、健康面では外食のなかでも最悪の部類と言えるでしょう。

高カロリーかつ高脂質で、トランス脂肪酸と塩分も大量に含んでいる。研究により、こうしたファストフードが直接的に高血圧を招くことが証明されています。また、ファストフードを食べている人の認識と実際の塩分の摂取量を比較したところ、思っている量の6倍を摂取してしまっていることも判明しているといます。

血圧を抑えたい人は、ハンバーガーにフライドポテト、そしてピザなどの誘惑を克服しましょう。

 

調味料

ここまでメインとなる食材に注目してきたが、実は調味料にも隠れたワナが潜んでいます!

食卓塩は言うまでもないが、醤油、ケチャップ、ドレッシングなどにも予想外の量の塩分が含まれています。日本人の塩分の摂取量はもともと多くなりがち、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は1日あたりのナトリウム摂取量を2300mg未満に抑えるよう推奨しており、これは食塩換算で5.84gに相当する。一方、和食中心の日本の食生活で塩分を抑えることは難しく、平均的な日本人は一日あたり9.3〜11gを摂取してしまっている状態です。

米基準の2倍近くを毎日摂取していることになる。調味料を控えめにして素材の味を楽しむことで、過剰な摂取を少しでも緩和したいところです。

まとめ

2つに分けて書いていきましたが、結構短かにある食品や飲料、最後は調味料まで出てきました!

普段買い物をしていて「減塩」「低カロリー」とかを目にしますがそんなに気にしたことなかったですが、今回調べてみて体のことを考えたら気にしないと生きないんだなっと思いました…がついつい炭酸やアルコール、ファーストフードと手を出してしまったり味付け濃くなってしまたりするんですよね。

これを機に気をつけていこうかな?と思います。

高血圧気になるなら!避けたい食品

健康な生活を送るために、大切なのが血圧のです。日本人のおよそ3人に1人は高血圧を抱えており、さらに75歳以上に限ると、該当者は男女とも7割以上になります。

対策としては適度な運動と、健康的でバランスの取れた食生活が有効的です。高血圧の際に避けるべき食品を知っておきましょう。

ベーコンなど加工肉

ハム、ベーコン、ローストビーフなどの加工肉は、手軽にお腹を満たせるし、美味しいくてうれしい存在です。しかし、加工の過程で濃い濃度の塩水にさらされていることが多く、大量の塩分を含んでいることは見落としがちになっています。

例としてサラミ1人前またはターキー胸肉3枚ほどをつまめば、1000mg前後のナトリウムを摂取することになります。

食塩相当量に換算すると2.54gとなり、厚生労働省の一日あたりの推奨値である6.5g〜7.5g未満のうち、3分の1以上を満たしてしまう計算です 。また、保存料として硝酸ナトリウムが添加されている商品も多く存在するが、これは心臓病のリスクを高めることも知られている。同じ肉類でも、ブタのヒレ肉やグリルにしたチキンを選んだほうが、健康的といえます。

冷凍食品

レンジでチンで簡単にできる忙しい毎日をサポートしてくれる冷凍食品ですが、頼りすぎは禁物です。塩分のカタマリとも言うべき存在でもあり、仮に低カロリーの商品を手に取ったとしても、そこには大量の塩分が含まれていることが多いのです!

1300mg以上のナトリウムが含まれるものもあり、高血圧を悪化させてしまう危険性が高いです。ナトリウム含有量を一度チェックすれば、多少面倒でも自炊を頑張ろうというモチベーションにつながるでしょう。どうしても調理の時間がなく、血圧が気になる人には、減塩の商品も出ているのでそちらをお勧めします。

カフェイン

カフェインは集中力を高めてくれる頼もしい味方です。仕事場などでコーヒーやエナジードリンクなどを楽しんでいる人も多いと思います。

健康な人であれば特別避ける必要はないですが、血圧が高めの人の場合はあまり多く摂取しないよう気をつけましょう。飲用後は最大で3時間ほどにわたって血圧が高まる可能性があるからです。

ただし適度な量のコーヒーを常用することで血圧の抑制につながるとする説もあり、はっきりとした結論は出ていないのです。高血圧持ちでカフェインを愛用しているという方は、一度かかりつけの医師に相談しておくと安心だと思います。

アルコール

楽しいひと時を演出するアルコールも、適量に抑えておくのがオトナの飲み方です。

とくに毎日愛飲しているという人は、一日あたりの摂取量に気をつけましょう。アメリカで推奨されている量としては、女性であれば350ml缶1本またはワイン120mlまで、男性であればそれと同量または倍量程度までとなっています。常時これを超えた量を飲むようだと、血圧が恒常的に上昇するリスクにつながってしまいます。

缶詰

小腹が空いたとき、買い物の時間がないときに便利に使える缶詰の食品ですが、やはりあまり健康的なチョイスとは言えないようです。長期保存がきくように滅菌処理する過程で風味が失われがちで、これを補うため塩分が多く添加されています。缶詰のスープも同様で、スープなのでヘルシーなイメージがあるものの、実際には多くの塩分を含んでいます。なるべく缶詰以外の食材を使うようにするか、どうしても缶詰が必要なときには、なるべく食塩無添加ものを選ぶように心がけましょう。

まとめ

今書いた食品は5種類ですが、風味を損なわないために塩分を多く使用しているんですね。 どうしても保存期間を延ばすためには仕方がないことですが、なんでもそうですが取り過ぎには注意しましょう。

アメリカのヤバい外来種3選!

アメリカのヤバい外来種3選を紹介していきます!

プリペット

2〜3メートルの可愛らしい低木で、元々は観賞用植物としてアジアからデビュしたんです。 でも、アメリカに低木の在来種が少なかったのもあって野外で爆発的に増殖。

今では、他の昆虫や植物に悪影響を与えてい流みたいです

この植物は、二酸化炭素が多くよく育つそうです。今、二酸化炭素を減らそうとしているこのご時世ではマズイ!

    

シタベニハゴロモ

アジアから2014年ごろにペンシルバニア州からデビュー!

人の衣類や靴に卵がついてきて広まっていって、今ではアメリカ北東部全域に増殖。

農作物を荒らして成長を邪魔しちゃうヤバいやつ!

オオスズメバチ

アメリカでは「Morder Hornet」殺人スズメバチと呼ばれているほど腸がつくほどの、嫌われ者。

貨物コンテナに乗ってカナダでデビュー! 今ではアメリカでも見られるようになっています。

まとめ

外来種ってないがヤバいかっていうと、在来種が死んでしまうんです。

在来種が例えば「ミツバチ」として、この「ミツバチ」が死んでしまうと「ミツバチ」はいろんなところに花粉を運び受粉させているので、これが止まってしまうと農作物が育たなくなってしまい、動物は空腹を満たせなくなってします。

と言った具合に外来種はヤバいんです。

ハマるとヤバい依存症

「やめたいのにやめられない・・・」。

「依存症」という言葉は、ニュースやワイドショーなどで何かと使われるようになっています。

そうした中で、さまざまな情報が氾濫し「これって依存症?」と混乱する人が増えているようです。
そこで、最近の流行っていたり生活環境で必要なってきたことでの、短かにありそうな依存症を3つ選んできたので、どうぞ!

 

マスク依存症

コロナ以前から風邪でも花粉症でもないのに常に「伊達マスク」をして、マスクを外せなくなる依存症をもう人がいます。

心理としては、自分の感情や表情を他者に読まれずにすむ、他者からの攻撃や注目などに対してマスクが自分の心理的な壁」となり安心感が得られるなどが考えられます。

また、若い女性に多いのが外見にコンプレックスがありマスクが口元を隠すことで安心感を得られるっというパターンもあります。

対人恐怖症や容姿にコンプレックスのある人、周囲と関わることを面倒に感じる人などがかかりやすいと言われています。

周囲から自分を隔離し殻に閉じこもってしまうかもしれないので注意が必要です。

          

           

 

断捨離依存症

余計なモノを捨て、必要最低限のモノだけに囲まれることで豊かな生活を送れる、というミニマリストの考え方は、近年世界中で流行っている考え方です。

やり過ぎて依存症になると、生活に支障をきたす場合もあります。

モノを捨てるという「手段」がいつしか「目的」のなりモノを捨てていないと不安になり思い出が詰まったモノや生活に必要なモノまで捨てひどい場合は、人間関係までも断捨離し始めます。

周りから見ると明らかにヤバいのに本人だけが気がついていない、「自分が不幸なのはモノがあるからだ」という謎の心理状態になり、挙句には捨てることを家族や友人のも強要し人間関係が壊れたりもする。

   断捨離・大掃除のイラスト

スマホ依存症

常にスマートフォンを触っていないと落ち着かず、メッセージの返信がないと仕事や勉強が手につかなくなったり、外出中に電源が切れると動悸・冷や汗・息切れなどのパニック症状を引き起こしたりする。

特に10代の若者にとっては深刻で、スマホを深夜まで触っていて生活リズムが乱れ不登校になってり、親に注意されたり取り上げられたりで精神不安定になりキレやすくなったり暴れたり、また思春期の成長過程の脳は外部からの刺激に影響されやすいので、注意力・記憶力などの部分に悪影響を与える。

また肩こりや鬱病を発症するリスクもあります。

適度な使用を心がけ、やリ過ぎには注意が必要です。

        

 

太陽が消滅するとどうなる?

人間そして地球にとって必要不可欠な太陽、。

仮にもしある日突然消えたら、その後地球はどうってしまうのか?

そんなこと考えたことないですか? 

消えたことがないので、あくまでも仮定の話ですが調べてみました。

 

とてつもない氷河期が訪れる

太陽から赤外線や紫外線などを含めた太陽光というのが地球には届いて地球をあたためているんですけど、それがなうなるということは自然からの熱が一切なくなるということになります。

そうなると地球は急激に冷え、暗闇に包まれ、気温はだんだん低くなり最終的には-200℃まで下がると言われています。

酸素がなくなる

人間を含め、全ての生物に必要不可欠な酸素ですよね。

これは植物が光合成をすることによって生成されているんですが、そもそもこの植物が光合成するためには太陽光が必要になります。

この太陽がなくなってしますと地球上の酸素はみるみる無くなり、やがて地球上の生物は絶滅します。

宇宙空間に飛ばされる

私たちが住んでいる地球というのは、太陽の引力によって、その周りを同じ軌道で好転しているんですね。

なので太陽がなくなることによって、地球に受ける引力がなくなります。ということは軌道がなくなることになります。

わかりやすく言うと、けん玉を振り回している途中で糸が切れるようなものです。

なので地球はその遠心力によって吹き飛ばされて、運が悪ければ他の惑星に衝突してそのまま粉々になる結末に…

まとめ

今紹介した仮説ですね、仮説と言いながらも理論上起きてもおかしくないことなんですよね。 と言うのも太陽に寿命があり、およそ100億年と言うふうに言われています。

わかりやすく言うと、太陽は巨大なガスが燃えているような物なので、このガスが無くなってら太陽は無くなりますよね。 

これは太陽に限ってではないんですが、大きさや質量によってその寿命が異なるんですが、地球の場合は100億年、太陽は誕生してから約46億年と言われています。

この計算が正しかったら残り約50億年後ぐらいには上で書いたことが実現する可能性があるかもしれません。

でも50億年後と言ったら私たちは生きていませんよね。

ただ「恒星」というのは、寿命が近づくにつれて膨張して、放出するエネルギーが多くなることがわかっているんですよ。 蝋燭も消える最後の瞬間「ふわっ」とひが燃え上がりますよね?(最後の灯火)

これが起きると地球の場合だと5億年後には太陽に熱が強くなって、海水が蒸発して、地球上の生物は全滅するんじゃないかと言う仮説があるんですね。

それでも!5億年なんで今を生きている私たちには関係ないんですかね?

絶滅しても影響がない生物

世の中には絶滅しても影響が少ないというか影響がない生物が存在します。

それを調べてみたので、どうぞ!

人間

人間は、食物連鎖のトップに君臨し本来の力ではなく他の生物にはない知恵でその地位を確立したため、最初は自然界のバランスが崩れるかもしれませんが自然法からしてもさほど問題はないと思われます。

ただ、人間が絶滅すると、管理者がいなくなった原発が爆発したり、数百年後には多くの建物が老朽化で崩壊すると思われますが、元々人工的に作ったものなので本来の自然の姿に戻るだけです。

 

ヒューマン

ある種の昆虫や微生物は地球の土壌を整備し食物が育つ土台を維持する役割がありますが、ヒューマンにはそのような役張りはありません。

それどころか森林伐採により1年間に東京ドーム約130万個分の森林が壊滅されている(1分間でやく2.5個分に相当する)これにより年間薬4万種の生物が絶滅していると言われています。

人類

人間以外の生物は普通に生活しているだけで自然法則を維持し、地球の秩序を守っているともいえます。

しかし、人類は、生きているだけで自然法則以上に多くの生物に影響を与えます。

機械が発達し石油、石炭などの化石燃料が燃えることで大気中のCO2濃度は高くなり温室効果により温暖化は止まらず、産業排水や生活排水により川や海の水質は汚染されます。その結果、多生物の生活環境に多大な影響が出て絶滅する種も多数出ています。無料 パイプから出る煙 写真素材

 

まとめ

生きていく為とはいえ様々な生物に悪影響を与えてきていることにはかありないですよね。 今SDGsと環境のこととか色々と言っていますが、本当に考えていかないと住めない環境になってしまうかもしれませんね。

それこそ映画のような展開になってしまうかも…

そもそも人間が絶滅したら「あっ、あの生物絶滅した」とか考える生物いないですよね? 他の生物は自然法則に則って生きていくだけですから。

※人間・ヒューマン・人類 同じように感じますが、学問的にいうと微妙に違います。

 

気をつけたい、毒性の食品 第2弾

前にも書いた「毒性の食品」の第2弾になります。

もしよかったら前の記事も読んでください。

 

wonder-wall.hateblo.jp

 

調べてみると身近には、まだまだ毒性がある食品がありますので、書いていきます。

 

ハチミツ

ハチミツには人間の体内では生成できない必須アミノ酸などの栄養素が多く含まれていおり、同時に、ピロリジジンアルカロイドという毒素が存在する場合もあります。

ピロリジジンアルカロイドは植物が生成する毒素で、それらの植物の花から集められたハチミツに毒素が移行している可能性があるんです。しかし、一定量内であれば中毒リスクが少なく、また、ピロリジジンアルカロイドを含むことが多いとされる特定の植物だけからハチミツを集めることは控え、多くの植物のハチミツをブレンドするように養蜂業へ指導がでているので、日常の食生活での心配はないんです。

それ以外にも、ハチミツにはボツリヌス菌が混入していることがあり、ボツリヌス症という神経系に影響を与える中毒を起こします。大人の場合は少量を体内に入れてしまっても問題はないんですが、乳児は消化器官が未熟なので体内にボツリヌス菌が侵入すると乳児ボツリヌス症のリスクが高まる。

ボツリヌス菌は熱に強いので、とくに12ヶ月未満の乳児には、ハチミツそのものはもちろん、ハチミツを含む食品をあげないようにしましょう。

       

アーモンド

アーモンドにはいくつかの種類があります。

大きく分けると「スイートアーモンド」と「ビターアーモンド」に分けられます。スイートアーモンドはビターアーモンドの異種で、人間の摂取に向いているが、ビターアーモンドはそのまま食べるのではなく、おもに抽出物を作るために使用されています。

このビターアーモンドは生の状態ではアミグダリンという毒素を含み、食べると毒素が体内でシアン化水素などのいくつかの化合物に分解され中毒を引き起こします。

毒素を取り除くためには熱処理が必要ですが、その安全性の確認についてはまだまだ研究段階といえます。そのため、ビターアーモンドは避けるのが賢明です。

      

貝類

貝類を食べて食中毒になるケースは比較的頻繁に発生しています。その原因はノロウイルスなどだけではなく、貝毒という場合も多くあります。

貝毒はマヒ性の毒で、牡蠣、ホタテガイ、アサリなどの二枚貝が餌としてある種の植物プランクトンを食べることで生成されます。毒性が強いので要注意です。

ノロウイルスなどは熱に弱いが、貝毒は加熱によって毒性が失われることはなく、 商品として出荷、市販される貝には規制がかけられているので貝毒の心配はありません。

潮干狩りなどで自分で貝を取る場合は注意が必要です。ただし、毒化した貝類がどれであるか外見からの見極めはできないのです。また、キンシバイという巻貝があり、食用に売られていることはないが、フグ毒とおなじテトロドトキシンが入っているので潮干狩りの際は注意しましょう。

     無料 砂の上の各種貝殻 写真素材

インゲン豆

インゲン豆は、生で食べると中毒を起こす可能性があります。

豆類には、天然の殺虫剤として機能するタンパク質であるレクチンが含まれています。そのため、生で大量に摂取するとレクチンが消化器系の細胞の表面に結合し、吐き気、下痢、嘔吐などの症状を引き起こすことがあります。

少量なら問題はないんですが、食べるときは完全に火を通して食することがおすすめします。これは、インゲン豆だけでなく、エンドウ豆などのほかの食用の豆にも共通して言えることです。

また、エンドウ豆に似たスイートピーの豆はマメ科レンリソウ属で、毒性があり、食用ではないので注意です。

      

マグロ

マグロなどの大型の魚は水銀中毒の危険があるので食べる頻度を考える必要があります。魚の水銀汚染は、工場などから自然環境に放出されてしまった水銀が天然のバクテリアにより吸収され、メチル水銀となって食物連鎖に入ることで起こります。

バクテリアを小さな魚が食べ、その小さな魚を大きな魚が食べるため、マグロなどの大型魚になると体内の水銀濃度が高くなっていきます。

体重に応じて個人が摂取してもよいマグロの頻度を発表しており、それによれば、体重50キロくらいの人の場合は約2週間、つまり、1ヶ月に2回程度が参考摂取頻度となっている。体重の軽い子供の場合は2ヶ月に1度などと推奨頻度が変わるので、子供に多くツナ缶を与えている人は少し控えた方がいいかもしれません。

また、妊婦の場合、ツナ缶の摂取は頻度を守れば問題ないが、新鮮であってもマグロステーキは避けることが推奨されています。

魚を積極的に食生活に取り入れている場合は大型魚ではなく、サケやニシン、イワシなどに置き換えることがおすすめです。

             

 

ナツメグ

ホリデーシーズンになるとデザートによく使われる香辛料のナツメグも、毒性があるので多くを摂取するのを避けたい食品です。

ナツメグには、気分を高揚させる薬物を使ったときのような「ハイ」になる化学物質ミリスチシンが含まれており、短時間だが、見当識障害、幻覚、過度の興奮などの精神病症状を引き起こす可能性がある。

イリノイ州毒物センターの研究では、粉末状になったナツメグ小さじ2杯程度で中毒を起こし、あまりに過剰な摂取は臓器不全につながる可能性もあるということです。

しかし、ナツメグを使ったほとんどのクッキングレシピでは小さじ1/4から1/2程度しか使っておらず、また、出来上がった料理全部を一人で一気に食べることはほぼないと考えられるので、日常的に使用しても問題とはならない。

      無料 黒の丸い果物と茶色の木の板 写真素材